ドア修理や鍵トラブルは専門業者依頼で安心解決!

女性

紛失した時は

鍵はなくさないようにする

鍵

鍵をなくしてしまうと業者に頼んで鍵開けをしてもらう必要があります。鍵開けは業者にもよりますが安いと2,000円位でで出来ます。しかし、なくした鍵を新しく作ってもらうとさらに4,000位かかり、合計で6,000円プラス出張料など加わり1万円以上はかかるのが当たり前です。 鍵開けや鍵の交換を安く済ませたい場合は、業者から事前に見積もりを貰う事です。見積もりを貰って他の業者と比べれば、悪質な業者から高い料金を取られることがなくなります。また、普段から鍵をなくさないように気を付けることも大事です。鍵はそのまま持ち歩くよりも、キーホルダーやストラップをつけておくと落とした時に分かりやすくなります。紛失を予防すれば、鍵開けで無駄なお金がかかることもなくなります。

ハンズフリーの最新鍵事情

鍵といえばギザギザがついていて、鍵穴に差し込んで使うものが昔から普通ですが、最新のものはハンズフリーでロックが解除できるように進化しています。最新の電気錠だと、鍵代わりに専門の携帯機をもっておくことで、ドアにタッチすることで鍵が開くシステムになっています。携帯機はバッグの中に入れておくだけでいいので、荷物が多い時などはとても楽です。 また、現在ついているシリンダー錠を簡単な取り付け工事をするだけでICカード対応にすることもできます。通勤通学に使う乗車カードやICカード、携帯電話が鍵の代わりになるのでスマートにロックが解除できます。鍵はこれからさらに防犯性が高く、そしてハンズフリーで使える便利なものになっていきそうです。